×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

シチズンなどの電波時計の仕組み

シチズンやカシオに代表される電波時計とは、標準電波(日本ではJJYという)を受信して誤差を自動修正する機能を持つ時計のことです。誤差が10万年に1秒といわれ、ほとんど誤差がないといわれています。シチズンなどの電波時計に電波を送る送信局には、「セシウム原子時計」と呼ばれる時計が設置されています。送信局では、日付や時刻の情報デジタル信号を電波の信号に変換して送信しているのです。日本では、北は福島県、南は福岡県と佐賀県との県境の、二つの送信所でほぼ日本全国をカバーしています。小笠原諸島などは範囲外なのでシチズンなどを初めとする電波時計は機能しません。この送信局から送られてくる信号をシチズンなどの電波時計に内蔵された受信機が読み取り自動的に時刻を合わせるという仕組みになっています。この読取間隔は機種ごとにそれぞれ異なります。電波時計では、電波が正常に受信できる環境に限り、時刻合わせなどの手間を省き、秒単位で正確な時刻を知ることができるというわけです。さらに夏時間にも対応することができるので、年に2度の時刻合わせを行う必要もありません。

シチズンなどの電波時計のメリット、デメリット

シチズンなどの電波時計では、このように電波が正常に受信できる環境に限っては時刻合わせなどの手間を省くことができ、秒単位で正確な時刻を知ることができるのが大きなメリットであります。シチズンなどの電波時計の時刻合わせの手間がかからないという利点を生かして、メンテナンスしにくい場所に設置される事が多い掛時計やベットや家具などに据え置き型の目覚まし時計のような製品が多く販売されています。シチズンなどの電波時計の電波に含まれる日付情報を表示するカレンダー機能を搭載した製品などもあり普通のアナログ時計ではできない午前と午後の使い分けも出来る製品もあり大変便利です。逆にデメリットとしては、シチズンなどの電波時計は建物内の場合、マンションやビルなど鉄筋コンクリートや鉄骨構造の建物内部では電波の受信が難しいと言われています。 時間がずれても時計としての機能はそのままなので時間がずれていると気づかない場合があります。時間が自動で合うために任意の時間で進めたり遅れさせたりすることができません。

シチズンやカシオの電波時計

シチズンの男性用の電波時計は、高級派のエクシードから、廉価版のフォルマまで幅広い価格帯の製品を発売しているが、比較的高価のクロノグラフ機能搭載モデルやディスク式の曜日・日付表機能を搭載したモデルを中心に人気があるようです。シチズンの女性用の電波時計は、代表的なブランド「クロスシー」を中心に、ムーブメント搭載の小型な電波時計を定期的に発売しているため製品としての完成度は国内トップクラスといえます。シチズンの女性用の電波時計が20代以下の若い女性の認知度はさほど高くないと思われるのは30代以上の女性をターゲットとしたデザインの商品が多いことが原因でしょう。2006年10月からは「クロスシー」のイメージキャラクターとして篠原涼子を起用して注目を集めています。カシオの男性用はG−SHOCKに電波時計の機能を備えた「TheG」や「オシアナス」、女性用では「BabyG」や「リラーナ」などが人気があります。

Copyright © 2007 シチズン・カシオの電波時計の知っとこ!